布おむつの洗い方

①布おむつは清潔が肝心!!
 布おむつは、赤ちゃんのデリケートゾーンに直接当てて使用するものです。また布おむつは、赤ちゃんのうんちやおしっこを直接受け止めるものでもあります。そして布おむつは、繰り返し何度も使用するものです。

 また赤ちゃんはその成長過程で、体の免疫能力を高め、体内で退治したウイルス等がおしっこやうんちと一緒に排出されることもあります。そのため布おむつを清潔にできていないと、それが原因で赤ちゃんが病気にかかってしまうこともあります。

 そこで布おむつを使用するにあたっては、毎回きちんと布おむつを洗濯し、常に清潔な状態をキープしておくことが重要になってくるのです。

②布おむつの洗い方
 布おむつを洗濯して清潔にしなければならないことはわかっていても、具体的にどのようにすればいいのかわからないという方も多いかと思います。そこでここでは、布おむつの洗い方についてご紹介させていただきます。

 布おむつを洗う方法として一般に行われているのは、「つけおき洗い」です。
 準備するものはいたってシンプルで、おむつを入れておくためのバケツ2個(臭い対策のためにフタ付のものをおすすめします)とおむつ用洗剤の2点です。
 バケツを2点用意するのは、おしっこをしたおむつとうんちをしたおむつとを分けておくためです。

 まずはバケツに適量の水をはり、そのなかにおむつ用洗剤を入れてよく混ぜておきましょう。後はおむつ交換をする度に、取り外したおむつをその中につけていくだけです。
 ちなみにこの時、そのおむつを軽く余洗いしておしっこを落としておくとよりきれいにおむつの汚れを落とすことができます。
 また赤ちゃんがうんちをしていた場合には、うんちをトイレに流し、汚れた部分を軽くもみ洗いしておいてからうんち用のバケツにつけておきましょう。

そしてある程度のおむつがたまってきたら洗濯機にそのまま放り込み、いつも通り洗濯をすれば完了です。
 新生児はおしっこの回数が多いため1日2回洗濯機を回さなければならないこともありますが、お子様が成長していくにつれて1日1回でも十分になってくるかと思います。

 布おむつというとおむつ交換をする度におむつを洗わなければならないようなイメージがありますが、つけおき洗いをすることによってまとめて選択をすることが可能になります。

 布おむつのメンテナンスは想像しているよりもかなり簡単ですので、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

*