布おむつの洗濯時間短縮法

①布おむつ最大の悩み
 布おむつを使っているママたちを悩ませているのが、「洗濯」です。
 布おむつは赤ちゃんの肌にも優しいし、経済的でもあるとても便利なアイテムなのですが、頻繁におむつ交換をしなければならないうえ、生後間もない乳児はおしっこの回数が多いため、ママは大量の布おむつを毎日洗濯しなければなりません。

 そのため、布おむつを使ってみたいという気持ちはあるものの洗濯が大変そうであるという理由から布おむつを敬遠してしまっている方もいらっしゃいます。
 しかし布おむつの洗濯は、少し工夫をすることによって大幅にその時間と手間を短縮することができます。
 そこでここでは、布おむつの洗濯時間を短縮する方法についてご紹介させていただきます。

②布おむつの洗濯時間を短縮する方法
・夜に洗濯をする
 おむつを効率よく洗濯する方法としてはまず、夜の洗濯をおすすめします。
 夜に洗濯をすると、夜間電力を使用することによって電気代を節約することができるうえ、お風呂の残り湯を使用すれば水道代も節約できてしまいます。
 また夜のうちにおむつを干しておくことによって、梅雨時期や真冬などの日照時間が短い時期であっても、しっかりとおむつを乾燥させることができます。

・干し方を工夫する
 おむつの洗濯時間を短縮するためには、干し方を工夫することも大切です。
 布おむつは一度に沢山の量を洗濯しますので、必然的に干す量も沢山になってきます。そのため布おむつをキッチリを並べて干してしまうと、風が通らなくなってしまいなかなか乾いてくれないことがあります。
 そこで布おむつを干す際には、風の通り道を作り少し間隔をあけることが大切です。また部屋干しをする際には、除湿器やサーキュレーター等を活用することによって乾燥するまでの時間を短縮することが可能です。

・消臭効果のある洗剤を使用する
 布おむつを使っているママを悩ませる要素のひとつに、おむつの「臭い」があります。布おむつはおしっこやうんちを直接受け止めるものであるため、いくら毎日洗濯していても臭いが残ってしまうのです。
 そしてこの臭いを取るためには、漂白をしたり重曹を入れたバケツでつけおき洗いをしたりというように、大変な手間がかかります。
 そこでおすすめしたいのが、消臭効果のある洗剤を使用することです。日常的に消臭をしながらおむつを洗濯することによって、おむつにおしっこやうんちの臭いが付着するのを防ぎ、おむつのメンテナンスにかかる時間を短縮することができるというわけです。

コメントを残す

*