春~夏におすすめの布おむつ

①赤ちゃんのお尻は蒸れやすい!!
 突然ですが皆様、赤ちゃんのお尻はとても蒸れやすいということをご存知ですか?
 赤ちゃんも大人も、毛穴の数は変わりません。また赤ちゃんは、大人よりも新陳代謝が活発です。
 さらに赤ちゃんは平均体温が36.6度から37.5度と高めになっており、母乳を飲んだり泣いたりすると、さらにその体温は上昇します。
 そのため赤ちゃんは、大人よりも汗をかきやすくなっているのです。またおしっこをしたあとはおむつの中の湿度がとても高くなるため、赤ちゃんのお尻はとても蒸れやすいというわけです。

 そこで布おむつを選ぶ際には、その季節に合わせて赤ちゃんのお尻の蒸れを防ぐことができるようなものをセレクトすることが重要になってきます。
 ここでは、春から夏におすすめの布おむつについてご紹介させていただきます。

②春~夏におすすめな布おむつの素材
 布おむつ選びにおいて重要になってくるのが、「どのような素材のもの選ぶか」ということです。
 上でも説明したように、赤ちゃんは汗をかきやすく、おむつの中は非常に湿度が高くなっています。そのため、春から夏という気温が高い季節には、できるだけ通気性の良い素材でできた布おむつをセレクトすることが大切になってきます。

 具体的には、綿や麻、ガーゼといった通気性の良い素材で作られたものがおすすめです。これらの素材は吸水性と速乾性に優れているため、おむつの中の湿度を適度に保ち、蒸れを防ぐことができるのです。

③シースルー素材に要注意
 一昔前はいらなくなった浴衣で作られていた布おむつですが、最近では様々な素材のものが販売されています。
 そしてその中でも春先から夏にかけて販売数が伸びてくるのが、シースルー素材でできた布おむつです。シースルー素材は通気性に優れているため、暑い季節にはおむつの蒸れを防ぐことができるだろうと、シースルー素材でできた布おむつをセレクトされる方が多いのでしょう。
 もちろんシースルー素材が通気性に優れていることは間違えないのですが、だからといって、シースルー素材であれば何でもいいのかというと、そうではありません。
 実はシースルー素材の中にはポリエステルやナイロンでできているものもあり、こういった素材からつくられている生地のおむつを着用していると、うまく湿気を逃すことができずに蒸れてしまうことがあるのです。

 シースルー素材の布おむつをセレクトする際には、それがどのような材料で作られているのかということについても、しっかりと確認しておくようにしましょう。

コメントを残す

*