布おむつで節約

①おむつ代はばかにならない!!
 子育てをするためには、様々ない費用がかかってきますよね。
 ミルク代や洋服代、そしておむつ代など、色々と出費がかさんできます。そして中でもばかにならないのが、おむつ代です。
 新生児用のおむつの場合、まだまだ膀胱が成長していないため1日に20回くらいはおしっこをします。そのため紙おむつを使用する場合はおむつの減りも早く、1パック80枚から100枚程度入っているものでも、1週間から1週間半しか持ちません。
 そのため新生児を紙おむつで育てているご家庭では、毎月5,000円以上のおむつ代がかかっているところもあるのだそうですよ。

②布おむつは経済的?
 上でおむつ代はバカにならない、と書きましたが、実は布おむつの場合、紙おむつよりもかなり経済的に子育てをすることができます。
 というのも紙おむつは一度使用すれば捨てるしかありませんが、布おむつの場合はきちんとメンテナンスさえしていれば繰り返し何度でも使用することができるため、最初に揃えておけば週に1回おむつを購入する、なんて必要はないのです。

 確かに布おむつは最初にある程度の量を揃えなければなりませんので、紙おむつ1パックを購入するのと比べると最初にかかる費用は多くなりますが、それも吸水体となる布おむつはハンドメイドして、布おむつカバーだけを購入するようにすれば、1万円前後で揃えることが可能です。
 1万円前後というと紙おむつ2か月分程度の金額ですので、かなり経済的ですよね。
浮いたおむつ代に関しては、お子様の教育費に充てたり質の良いミルクを購入したりするための費用に使うこともできます。

③布おむつを長持ちさせるポイント
 そんな経済的な布おむつですが、少しでも長く使用することによってよりお金をかけないで子育てをすることができます。
 そしてそのために大切なことは、正しいメンテナンスをするということです。

 まだ膀胱が発達していない赤ちゃんの場合、一度にするおしっこやうんちの量が少ないため、ママとしても我が子が排泄したことに気付けないこともあります。
 しかしそこは感覚を磨いて、こまめにおむつ交換をしてあげましょう。
 そうすることによって清潔な状態を保つことができるというのはもちろん、こまめに洗濯をすることができるため、布おむつが傷むのを防ぎ、長持ちさせることができるのです。

 せっかくそろえた布おむつですので、できるだけこまめに洗濯をし、時には匂い消しや消毒をすることによって少しでもいい状態を長く保ちましょう。

コメントを残す

*