ポリエステル製の布おむつって大丈夫?

①赤ちゃんのお肌は敏感
 赤ちゃんは、膀胱や腸といった内臓組織はもちろん、表面に見えている部分、つまり皮膚に関してもまだまだ完全な状態にはなっていません。
 成長とともに肌細胞が細胞分裂を繰り返し、徐々に皮膚に厚みと強さが出てくるのです。

 そのため、生後間もない赤ちゃんの肌はとても薄く、大人であれば何でもないような刺激に対しても過敏に反応してしまうことがあります。そこで赤ちゃんの肌に直接触れるものについては、できるだけ安心できる素材でできたものをセレクトする必要があるのです。

②ポリエステル製の布おむつって大丈夫?
 上で赤ちゃんの肌はとても敏感であるということを書きましたが、多くのママが布おむつを選ぶのにはそういった理由もあります。
 つまり化学物質等が使用されている紙おむつを使用するよりは、綿などの肌に優しい素材で作られている布おむつの方が安心して使用することができるというわけです。

 しかしひとくちに布おむつといっても、実は様々な素材のものがあります。綿や麻といった天然素材でできたものだけではなく、ポリエステル製のものもあるのです。
 肌着の上から着せる洋服等ならばまだしも、赤ちゃんの肌に、しかもデリケートな部分に直接当てる布おむつがポリエステル製というのには、少し不安を感じますよね。

 実はポリエステルという素材は綿等に比べてとても安価に仕入れることができるため、安い布おむつの中にはポリエステルが使用されているものもあるのです。
 最近はとても肌触りのいいポリエステル素材も出てきてはいますが、赤ちゃんの肌に直接当てるとなると、やはりその安心感としては綿や麻に劣るでしょう。

③ポリエステル製の布おむつを使用するメリット
 子育てママから敬遠されがちなポリエステル素材ですが、実は悪いことだけではありません。ポリエステルには、綿や麻にはないメリットがあるのです。

 例えばポリエステル素材を綿に練りこんだ場合、綿だけで作るよりもかなり強度が高く、耐久性に優れた布おむつに仕上げることができます。
 また最新技術を駆使することによって布の表面を凹凸にし、赤ちゃんの肌には綿の部分しか当たらないようにおられている布おむつも存在します。
 耐久性に優れているうえ赤ちゃんの肌にも優しいなんて、まさに理想的なおむつですよね。

 また布おむつで子育てをしているママの味方でもあるステイドライナーも、やはりポリエステルで作られています。
 ステイドライナーは水分をはじいて布おむつに逃がすためのものなので、水分を吸ってしまうコットンよりも、撥水性のたかいポリエステルの方がその素材として適しているのです。

 以上のようにポリエステルにはポリエステルにしかない魅力が沢山ありますので、敬遠してしまうのではなくうまく使い分けることが大切です。

コメントを残す

*