布おむつの作り方

①布おむつ作りの魅力
 最近は、入園グッズやベビー用品をハンドメイドされる方が増えてきています。
 布おむつもその一つで、沢山の枚数が必要になってくる布おむつを手作りすることには、経済的であるということや使い勝手のいい大きさにアレンジすることができるということなど、様々な魅力があります。

 そこでここでは、そんな魅力的な手作り布おむつの縫い方についてご紹介させていただきます。誰でも簡単に作ることができますので、ぜひ試してみてください。

②用意するもの
 まずは布おむつ作りに必要なものを用意していきましょう。
 布おむつ作りには、
 ・布(使わなくなった浴衣やさらしでも大丈夫です)
 ・糸
 ・ミシン
 ・アイロン
 ・メジャー
 が必要になります。

 ミシンがない場合は手縫いでも構いませんが、布おむつはある程度の長さを縫製する必要がありますし、複数枚を手縫いで仕上げるとなるとかなりの時間と根気が必要となりますので、この機会にミシンを購入するのもおすすめです。
 ミシンは子育てママの必需品でもありますので、購入しておいて損はないですよ。

③布おむつの作り方
 必要なものが揃ったら、さっそく布おむつを作っていきましょう。

 まずは、布を裁断します。
 縦が約140cmになるように裁断していきましょう。何枚か作る場合には、一度に裁断をしておくとスムーズに作業を進めることができます。

 次に、裁断した布を中表にし(赤ちゃんのお尻に触れる方が表です)、短い方の1辺を縫い合わせます。縫い代ですが、5ミリ程度も取っておけば十分でしょう。
 また両端はしっかりと返し縫をして耐久性を高めておきましょう。

 そこまでできたら次は、先ほど縫い合わせた部分を折り返し、アイロンがけをします。縫い代をくるむようなイメージで、三つ折りにするとうまくいきます。
 そして織り込んだ部分の上からアイロンをかけます。
 後は三つ折りをした部分にステッチを施して完成です。
 三つ折りをした部分の四辺を囲むようにステッチをすると、強度を増すことができます。

 いかがでしたでしょうか。
 こうして文字で見てみると少々ややこしいようにも感じますが、布おむつは拍子抜けしてしまうくらい簡単に作ることができます。

 お子様が小さい頃は沢山の枚数の布おむつが必要になってきますので、時間があるときにまとめて作っておくと、雨が続く時期や真冬でも洗い替えがないと焦らなくて済みますよね。

 また最近はおむつカバーの型紙を掲載しているサイトや書籍もありますので、布おむつづくりをマスターした後は、布おむつカバー作りにもチャレンジしてみてください。

コメントを残す

*