母乳実感を使った感想

産前には完母に挑戦するつもりでいたので哺乳瓶は準備しませんでした。しかし産後のおっぱいトラブルで混合に切り替えることになり、初めて哺乳瓶を買うことにしました。

哺乳瓶を比較検討したときのチェックポイント

Processed with Rookie Cam

助産師さんに哺乳瓶の選び方を聞いたところ、やはり混合の場合はなるべく実際のおっぱいと差のないものを選ぶことが基本との意見でした。哺乳瓶のメーカーによって乳首の形が全く違うのですが、実は形だけでなく硬さも違いがあるらしいです。

混合のお母さんたちがよく使っているのは『母乳相談室』と『母乳実感』という哺乳瓶ということを教えてもらったので、身近な赤ちゃん用品店に売っている『母乳実感』を購入することにしました。ガラス製の為、いつ壊れてもすぐに新品が手に入るというのは大きなポイントです。また価格も高くなく、ガラス製よりも更に安価なプラスチック製もあるのでお財布にも優しいです。

購入前に不安を感じていたこと

やはり混合だったので、哺乳瓶を使うことで母乳を受け付けなくなってしまうのでは無いかということが最大の気掛かりでした。
また、母乳と違い哺乳瓶を洗ったり消毒したりという手間があるので、育児に疲れた時でもしっかり準備しておかないといけないのも不安でした。

母乳実感を選んだ決め手

やはりメジャーな商品なので、どこでも購入できるというのが魅力に感じました。乳首のラインナップも豊富で、どこのお店でも手に入りやすいのはとても心強いです。
また、デザインも可愛らしいものが多く持ち運ぶのが楽しくなる工夫もされていて、新たに買い足すのも楽しみの一つになりました。

母乳実感を使ってみて

哺乳瓶の口が大きく全体的にとてもシンプルなデザインなので、とても洗いやすいです。赤ちゃんが口にするものですし頻繁に使うものなので、清潔を保ちやすい工夫は大変ありがたいです。以前に出産祝いでいただいたオシャレで細身の哺乳瓶を使ったこともありましたが、洗うのがとても大変でした。

消毒も電子レンジでできる容器が売っているので、それを使えば楽々です。

一点だけ気になるのは、プラスチック製のものは洗っているうちに傷がつきやすく衛生面が気になります。おさがりに回す事なども考えると、私はガラス製をオススメします。

最後に

夜中に暗い部屋で授乳していると、透明のキャップがどこへ行ったか分からなくなることがあります。もう少しだけ色をつけて貰えると分かりやすいかなと思います。

また、哺乳瓶で多めのミルクを授乳していると重みで手が疲れます。ガラスの強度の面ではしっかりした丈夫さが欲しいと思うのですが、子どもの抱っこで腱鞘炎になった腕には地味にこたえる重さです。難しいかもしれませんが、ガラスの強度を保ったまま軽量化してもらえると嬉しいです。

コメントを残す

*