おむつかぶれしてしまった場合、どうすればいいの?

①おむつかぶれの原因
 赤ちゃんの肌に優しい素材でできていて、安心して使用できるはずの布おむつですが、その使用方法や使用形態によっては、おむつかぶれを起こしてしまうことがあります。
 では、布おむつを使用している場合、どういったことが原因でおむつかぶれを起こしてしまうのでしょうか。

 おむつかぶれの原因として挙げられるのはまず、不衛生な状態が長く続いているということです。
 赤ちゃんは膀胱や腸が発達していないため、頻繁におしっこやうんちをします。また一度に排泄するおしっこの量がとても少ないため、赤ちゃんがおしっこをしたことに気付けず、そのままにしておいてしまう場合があります。
 そうすると、おしっこで汚れた布おむつが赤ちゃんの肌に長時間張り付いた状態になってしまい、それが原因でおむつかぶれを起こしてしまうというわけです。

 またおむつかぶれの原因としては他にも、おむつ交換の際に赤ちゃんのお尻を強く吹きすぎたことや、布おむつの繊維によって摩擦されてしまったこと等が考えられます。

②おむつかぶれしてしまった場合の対処法
 では、おむつかぶれを起こしてしまった場合にはどのように対処すればいいのでしょうか。

 おむつかぶれを解消するためにはまず、赤ちゃんのお尻を清潔にしてあげることが大切になってきます。
 こまめにおむつ交換をすることはもちろん、おむつ交換をする際には赤ちゃんのお尻をうちわであおいだりしてしっかりと乾燥させてあげるようにしましょう。
 またお尻におしっこやうんちが残っていると、そこに細菌が繁殖しておむつかぶれを起こしてしまうこともあります。
 そこでおむつ交換の際にはお尻拭き等を使用してお尻に付着した排泄物をしっかりと除去してあげることも大切です。

③おむつかぶれ予防法
 上でおむつかぶれの原因や解消法についてご紹介させていただきましたが、最も大切なのはおむつかぶれをしないようにすること、つまり「予防」です。
 では、おむつかぶれを防止するためには具体的にどうすればいいのでしょうか。おすすめの方法としては、
 ・こまめにおむつ交換をして清潔な状態をキープしてあげること。
 ・赤ちゃんのお尻も清潔にしてあげること。
 ・お尻を拭く際は優しくタッチし、ゴシゴシとこすったりしないこと。

 などがあります。

 また布おむつの選択をする際にすすぎが不十分である場合、赤ちゃんの肌がすすぎ残された洗剤に反応してしまう場合があります。そこで布おむつを洗う際には、しっかりとすすぎを行い、洗剤等をおむつに残さないように注意しましょう。

コメントを残す

*