夜寝るときにおすすめの布おむつの組み合わせ

①布おむつは夜が心配?
 布おむつには、様々なメリットがありますよね。
 地球環境に優しいことや、ファッション感覚で様々なデザインのものから好きなおむつを選べること、お子様のおむつ離れが早まること・・・、というように布おむつには子育てママに嬉しいメリットが沢山あります。
 しかしその一方で、紙おむつにはないデメリットも存在します。それは、紙おむつのように何時間も、そして何回もに分けてされたおしっこを吸収することができないという点です。
 日中であればこまめにおむつを替えてあげることもできますが、夜寝ている間はそういうわけにもいきませんよね。夜寝ている間のおしっこがおむつから漏れてしまって、布団を洗うのに苦労した、なんてことを繰り返している方も多いのではないでしょうか?

 実は布おむつのこういったデメリットは、便利アイテムを使用したりおむつの組み合わせを工夫したりすることで、簡単に解消することができます。

②ステイドライナーを活用しよう!
 布おむつを使用している方に是非おすすめしたいアイテムに、「ステイドライナー」というものがあります。
 これは簡単に言うと「うんちキャッチャー」の役割を果たしてくれるもので、ベビー用品店では「うんちライナー」という名前で販売されている場合もあります。

 このステイドライナーはメッシュ構造になっており、赤ちゃんのうんちのみがライナーに引っ掛かり、おしっこなどの水分のみをおむつに流すことができます。そのため、夜寝ている間に赤ちゃんがうんちをしてしまい、おむつがうん血まみれになってしまって大変、なんていうことを防ぐことができるのです。
 またステイドライナーを使用することによって布おむつの汚れを軽減することができるため、洗濯等のメンテナンスも楽になります。

③寝るときにおすすめの組み合わせとは?
 上でステイドライナーがおすすめと書きましたが、お子様を夜寝かせる際には、どのような組み合わせで布おむつを使えばいいのでしょうか。
 夜寝るときの布おむつの組み合わせとしては、上でご紹介させていただいたステイドライナーを赤ちゃんのお尻にあて、その上から布おむつをし、おむつカバーでくるむことをおすすめします。
 そうすることによって赤ちゃんの気持ち悪さを軽減することができますし、布おむつの洗濯も楽になるからです。
 またおしっこの量が多いお子様の場合には、さらに吸水ライナーを使用してもいいでしょう。

 あまり神経質になりすぎず、臨機応変に様々なアイテムを使い分けるのがポイントです。

コメントを残す

*